ttinkuruの映画・アニメ 評価

映画やアニメについての自分なりの感想を載せていきます

vh

今期 2018年夏季アニメ『はねバド』『ISLAND』1話 ネタバレ・感想

さぁ2018年夏季のアニメがスタートしましたね!

正直今期はなんかパッとしないんじゃないかなぁって思ってはいますが、化けるアニメもいっぱいあるのでしっかりと観れるものは観ていこうと思います!

 

そして早速今日観たのは

『はねバド』と『ISLAND』

声優とかスタッフなどはみなさんそれぞれ調べていると思うので、感想とネタバレだけにします!

 

まず『はねバド』!!

©2018 濱田浩輔講談社/「はねバド!」製作委員会

 

高校のバドミントン部を舞台にしたスポコンアニメですね!

1人を除き女の子もみんな可愛いし、バドやってる時の動きがいい!ちゃんと背筋使ってるし打ち終わった後の身体の動きとか見事!バド経験者は「あ!この動きわかる!」というシーンが多く出てくると思います!

内容はふわふわしたスポーツアニメではなく、しっかりとしたスポーツアニメになりそうな雰囲気です。女性のしっかりとしたスポーツアニメってあまり無いので期待です!

 

日本て今バドミントン世界でめちゃくちゃ強いの知ってました?なかなか注目されないスポーツなのでこのアニメをきっかけにメジャーになって欲しいです!

しかし、1つ気になるところが。

バドする時は暗幕閉めて電気つけようよ。

視聴継続!!!!

 

1話あらすじ

話は、可愛くない女の子(荒垣なぎさ)が中学の大会でボロッカスに負けてしまい、才能の差を見せつけられ、その雪辱を晴らすために高校でチームメイトをみっちりしごき倒しながら日々練習に励んでいたところに、中学の大会で負かされた女の子(羽咲綾乃)が新入生で入学してくるが、何故かバドミントンをやりたがらずテニス部に参加。テニスをしている動きでバド部のコーチ(立花健太郎)が逸材だと目を付けバド部に入部するように促すが入部しない。それどころか、部活でバドをする事を無駄だと言ってしまい、バド部に入っている先輩達(泉理子)とバチバチするという話。

 

 

 

 

『ISLAND』

©2015 Frontwing/PROTOTYPE/アニメISLAND製作委員会

 

元々がゲーム原作で、かなり壮大なストーリーになっているらしい。

可愛い少女たちが出てくるのになんだか『ひぐらしのなく頃に』のような不穏な空気を漂わせていました。

1話じゃまだまだ謎だらけな内容でしたが、楽しくなる予感がするので

視聴継続!!!!

 

↓1話の内容を書いてみましたが、全部重要そうでぐちゃぐちゃに。

 

内容・ネタバレ

舞台は島外とはあまり接触しようとしない排他的な島、浦島。

全裸の男(三千界 切那)が島の浜辺で倒れているのを見かける島の権力者の娘(枢都 夏蓮)。男は自分の名前も何故島にいるのかも覚えていない。覚えていることは誰か女の子を助ける、その為に未来から来たということと誰かを殺そうとしてる?という曖昧な記憶。島のよそ者は本土に帰すことになっているが、夜の浜辺でたまたま会った何故だかお互いの名前を知っている少女(御原 凛音)が浦島御三家である自分の家の使用人として雇うことで島にいる事を許される。翌朝、切那が未来から来たという噂を聞きつけたロリ巫女(伽藍堂 紗羅)が時を超えた宿命に関する話があると切那を浦島神社の社務所に案内する。おそらく切那の記憶は意図的に封じられている事、切那のタイムトラベルと5年前の凛音の神隠しはどちらも「伝説のあの島」からもたらされたと告げる。そして急に切那に襲いかかる紗羅。ロリっ子の攻撃は当然届くはずもなく。社務所を後にする刹那。凛音の家の地下室の書庫から「切那は死ななくてはならない」と書いた紙切れを見つける。その晩、家から出て行く凛音を追いかけ、出会った時に歌っていた歌をもう一度歌ってくれと頼む切那。凛音は何かを思い歌を途中でやめてしまう。歌を聴きながら無意識に涙を流す切那。切那の断片的な記憶の中で「この世界をお願いします」と言う大人になった紗羅?そして日に当たると死んでしまうと告げる凛音。

 

1話ってそういうもんだけど、もう全然わかんない!全部重要そうで簡単にまとめられない!