ttinkuruの映画・アニメ 評価

映画やアニメについての自分なりの感想を載せていきます

vh

目の付け所がいい『黄金のアデーレ 名画の帰還』

名女優ヘレン・ミレンと今デッドプールでノリに乗ってるライアン・レイノルズが出演して『黄金のアデーレ 名画の帰還』を観ました!

アメリカに住むおばあさんがナチス統治下で奪われた名画『黄金のアデーレ』の返還を求め、オーストリア政府に裁判を起こした実話を基にした映画。

ナチスを倒す映画とかナチスに統治された街で起こるユダヤ人への迫害などのナチスのみを悪とする映画はよくあるが、この映画はナチスの悪行よりも悪行を手助けしたオーストリア人達へ注目している。

ライアン・レイノルズが演じた弁護士がヘレン・ミレン演じたマリアの熱に当てられお金目的だった自分の行いを改めるこは映画の核となるところなのだろうけれど、私はそれよりもオーストリア人に注目したい。

ナチスユダヤ人を虐殺した悪人だと言うことは言うまでもないが、それを助けたオーストリア人も同罪だ。ナチスユダヤ人家族から略奪品を美術館に置いたりしているのだから立派な犯罪である。オーストリア人の中にはその行いを先祖が犯した罪だと認める人もいる。だから実際に美術品の返還が始まったわけだし。

ただ一枚の絵でもそこには家族の思い出が刻み込まれていて、決して他人がどうこうしていいようなものではない。戦争というのは決して他人が入っていい領域ではないところにもズケズケと入っていく愚かな行為である事と物事をもっと多角的にみる必要がある事をこの作品から学びました。

この映画で、戦争が人々を終戦してからも傷つけ続ける事を感じて下さい。